フォト
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

駅長さん便り

元南海電鉄の21000系でズームカーの愛称を持つ3000系は、新型の1000系そして86ぶりの新造車7000系導入に伴い全編成が引退します。 平成8年(1996年)の導入から20年にわたって出雲路を駆け抜けました。 車両も製造から半世紀以上たちますが、南海時代を含め数えきれないほどの人々を運んだことでしょう。 一畑電車では3000系の引退を記念してプレミアム体験運転などを企画しています。 先般、有志が集まっていろいろと話し合いをしました。今後のご案内に乞うご期待‼

Img_5491

 

駅長さん便り

大社線に乗り、高浜を過ぎ粟津稲荷神社の先のカーブを回ると右手前方に弥山が見えて来ます。その弥山の中腹に珍しい五円玉の形をしたサークル状の模様があります。先日、地元紙の記事に島根大学の教授が寄稿されていて、そのサークル状の模様の正体がわかりました。これは山崩れでできたもので、かなり前からあるそうです。戦後すぐの写真にも写っているそう。
地元では「ゴウロ」と呼んでいるそうです。教授曰く「ごえんゴウロ」と。自然が作った芸術ですね。
五円=ご縁とつながり、何かしら神秘的な光景です。
大社線をご利用の時は要チェックですよ!

Img_5489


Img_5490


駅長さん便り

旧暦の10月を出雲地方では神在り月と言います。八百万の神様が出雲大社へ集まられ、縁結びをはじめ一年間の様々な事を話あわられます。
今年は11月9日が神迎えです。出雲大社にご参拝し良縁を祈願する方も多くなります。
一畑電車では「ご縁電車しまねっこ号」の車内に「ご縁四十五ヶ条」が掲出してあります。良縁を結ぶには日常の心がけも大切ですよ。ご縁四十五ヶ条を読んでみて下さい。

Img_5436


Img_5437


Img_5438



駅長さん便り

電車の中で和菓子と抹茶が味わえる「和スイーツ」電車。ご好評を頂いており、先日も貸切り電車として運行しました。

大名茶人として名を馳せた「不昧公」こと松平治郷公に献上するために、和菓子職人が腕を競って銘菓の数々を作ったことから、松江は京都・金沢に並ぶ三大和菓子処となりました。松江には和菓子とお茶の文化が伝わっています。

和スイーツ電車で味わえる和菓子は、松江市立女子高等学校の生徒さんがデザインしたものを伝統を受け継いだ職人さんが丹精込めて作ったものです。
写真は今回の貸切り電車でお出ししたものですが、毎回違う和菓子を職人さんが作ります。

宍道湖を眺めながら抹茶と和菓子を楽しみませんか?

Img_5423

駅サイトまつり開催しました!

10月16日、鉄道の日記念とし、毎年恒例の「駅サイトまつり」を開催しました。

雲州平田駅構内では、新造車両の内覧会や車両紹介、電車カフェなどが開かれ、たくさんのお客様にご来場いただきました。

 

また、駅前イベントでは、出雲商業高校吹奏楽部の演奏や、大社高校ダンス部によるダンスパフォーマンス、小豆澤英輝さん・荒金理香さんのミニライブなどが行われました。

 

物産市や、いす‐1グランプリも開催され、大いに盛り上がりました。

 

お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

Photo

4

2

3

5

«ハロウィン列車